QSESの取り扱うEU指令の概要

■機械指令
機械指令は一部の除外事項で規定されるものを除き、ほとんどあらゆる機械製品に対して適用されます。
指令に対する適合性評価には、整合規格を適用しますが、これらの整合規格はEU官報(EU Office Journal)で発表され、”EN規格”と呼ばれています。その多くはIEC規格を基につくられています(例 :EN 292 機械の安全性/言葉の定義、EN 418 非常停止)。
■低電圧指令
低電圧指令は、低電圧電気製品の電気安全を規定しており、定格電圧AC50~1000V、DC75~1500Vの範囲で使用される電気機器についての安全性の確保を目的としています。この指令が適用される製品は広範囲にわたり、規定の電圧の範囲で作動する製品 (家庭用電気器具、工具、照明器具、ワイヤー、ケーブル、パイプ、組み込み装置などの製品を含む)全てに適応します。また低電圧指令は機械的要因で発生する危険からの保護についても触れていて、機器の安全性の全側面が考慮されます。
■EMC指令
EMC指令は、電磁環境両立性(Electromagnetic Compatibility:EMC)に関する指令として採択され、電磁波障害保護を目的としています。製品が発生させる電磁波の、他の機器やシステムの動作に与える影響や(エミッション)、逆に他の機器やシステムから受ける電磁波による機能障害(イミュニティ)についての保護要求が記述されています。