北米の州や市町村では、産業装置の稼働前に装置が電気安全規格(多くの場合NFPA79)に適合しているか、行政等が監査を行う場合があります。

この場合、CEマーキングとは異なり、必ず第三者証明が必要になります。

キューセスでは、自社ではもとより、全米公認試験所と提携して、全米でフィールドラベルを行える体制を築いています。

アメリカ合衆国電気安全規則について
アメリカ合衆国では連邦政府および各自治体において電気安全の規則があります。連邦政府および各自治体が電気安全規則として全面採用している規格はNFPA(全米防火協会)が策定しているNFPA70という規格になります。NFPA70は別名NEC(National Electrical Code –全米電気工事基準-)と呼ばれ、アメリカ合衆国の規格策定団体が開発する全ての電気安全規格はこのNFPA70に矛盾しないように作成されます。NFPA70は3年ごとに改訂がおこなわれており、どの年度の版が有効であるかは地域によって異なります。
アメリカ合衆国電気安全規制について
NFPA70の中で、全ての電気品(The conductors and equipment)は承認されたものでなければならないと規定されています。同じくNFPA70の中で、承認とはAHJにとって受け入れ可能なものであると規定されています。
AHJについて
AHJとはAuthority Having Jurisdictionの略で管轄当局を意味します。AHJは電気品への通電許可等をおこなう法執行機関的な役割を担います。AHJは電気品が受け入れ可能であるか確認をおこないますが、その時、認証機関・検査機関・試験機関等の認証マークやラベルを確認します。
産業装置のフィールドラベルについて(Field Evaluation)
産業装置に関してもAHJに対して受け入れ可能である必要があります。この時選択される方法がフィールドラベルです。フィールドラベルはAHJに対して受け入れ可能である組織が産業装置の設置場所等で評価試験を行い、規格に適合していると認められる場合は組織を識別できるラベルを産業装置に貼付します。NFPA70-2020年版では、産業装置の電気安全の詳細に関して、NFPA79-2018年版を参照する記述があります。
FEBについて
フィールドラベルをおこなう組織をフィールドエバリュエーションボディ(FEB) といいます。NFPA790やNFPA791という規格でFEBへの要求事項や検査方法をガイドラインとして提供しており、多くのFEBがIAS(The International Accreditation Service)やA2LA(American Association for Laboratory Accreditation)から同規格で認定を受けています。その他にも自治体独自でFEBをノミネートする地域も存在します。フィールドラベルに非常に似た評価試験のスキームにISO Type 1認証というものがあります。フィールドラベルもISO Type 1認証も製品評価試験のみをおこない、工場の品質管理システムは確認しませんが、両者の最大の違いはISO Type 1認証はISO 17065の認定を受けた認証機関しか運用できないという点です。一方で、FEBは上述のように様々な形態があります。

お気軽にお問い合わせください。03-3452-2668受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ